ジョコ 4時間の激闘制し連覇「好きなコートで勝ててうれしい」

[ 2020年2月3日 05:30 ]

テニス 全豪オープン最終日 男子シングルス決勝   ジョコビッチ3―2ティエム ( 2020年2月2日    メルボルン )

男子シングルス決勝で4時間の激闘を制し、連覇を果たしたノバク・ジョコビッチ(AP)
Photo By AP

 男子シングルス決勝で、第2シードのノバク・ジョコビッチ(32)が第5シードのドミニク・ティエム(26)を下し、2年連続8度目の優勝を果たした。フ

 ルセットにもつれた約4時間の激闘を制し、全豪決勝では8戦全勝の勝負強さで自身の持つ最多優勝記録を更新。「厳しい戦いだった。この好きな大会、好きなコートで勝ててうれしい」と優勝杯を高々と掲げた。4大大会でフェデラーの20個、ナダルの19個に迫る17個目のタイトルを獲得。3日付の世界ランキングで2位から1位に復帰する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース