設楽、連戦の疲れで6位フィニッシュ 悔しい結果も「次に向けて頑張ります」

[ 2020年2月3日 05:30 ]

香川・丸亀国際ハーフマラソン ( 2020年2月2日    Pikaraスタジアム発着 )

6位でゴールした設楽
Photo By スポニチ

 男子は一般参加の小椋裕介(26=ヤクルト)が1時間0分0秒の日本新記録をマークし、2位となった。17年9月に設楽悠太(28=ホンダ)が出した1時間0分17秒の記録を17秒塗り替えた。設楽は1時間0分49秒の6位だった。

 自身の日本記録を目の前で更新された設楽はレース後に「次に向けて頑張ります」と一言だけコメントを残した。序盤から日本記録ペースで集団を先頭で引っ張った。ただ、連戦の疲れが徐々に出始めた15キロ付近で集団から脱落。大会前には「練習の一環とは考えていない。欲を言えば日本記録更新を目指す」と話していただけに、悔しい結果となった。東京マラソンに向けた仕上げとして16日の熊日30キロロードレースに出場する予定。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース