白鵬の長男・真羽人くん、3回戦敗退も自身最多の2勝 父とがっちり握手

[ 2020年2月3日 05:30 ]

少年相撲大会「白鵬杯」 ( 2020年2月2日    東京・両国国技館 )

小学5年生個人トーナメントに出場した長男・真羽人くん(左)をスマホで撮影する白鵬(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 白鵬の長男・真羽人くんは小学5年生個人戦に出場し、3回戦で敗退した。初戦で千葉の選手を退けると2回戦はブラジル人選手を撃破。長野の選手との3回戦は立ち合いで低く当たろうとしたところでかわされて敗れた。

 過去4回は小学3年生の時に1勝を挙げただけで、今回は自身最多の2勝。取組を終えて父の元に向かうと、ねぎらいの言葉をかけられ、握手を交わした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース