チーフスが50年ぶりの王座獲得 第4Qに21点を入れて大逆転 マホームズがMVP

[ 2020年2月3日 12:09 ]

優勝トロフィーを掲げるチーフスのQBマホームズ(AP)
Photo By AP

 第54回NFLスーパーボウルが2日、フロリダ州マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムで行われ、アメリカン・カンファレンス(AFC)の覇者チーフスが24―20(前半)でナショナル・カンファレンス(NFC)を制した49ersを31―20(前半10―10)で下し、50年ぶり2回目の優勝を飾った。

 6万2417人のファンの前で試合は大接戦。チーフスは第3Q残り2分35秒、49ersのRBラヒーム・モスタート(27)に1ヤードのTDランを許したところで10―20とリードされていた。

 しかし追い詰められた第4Q、ここまで25試合ぶりに2つのインターセプトを喫していた昨季のMVP、QBパトリック・マホームズ(24)が奮起。8分47秒、ホットラインを形成しているタイトエンド(TE)のトラビス・ケルシー(30)に1ヤードのTDパスを通すと、その3分29秒後にはRBダミアン・ウィリアムス(27)が5ヤードのTDパスをキャッチして24―20。最後はウィリアムスが31ヤードを走破してとどめのTDを奪った。

 日本のプロ野球、横浜に2シーズン、投手として在籍したパット・マホームズ氏(49)を父に持つQBパトリック・マホームズ(24)は第1Q残り31秒、オプション・プレーから残り1ヤードを突破してエンドゾーンに飛び込んで最初のTDはランで奪取。しかし第3Qにはプレーオフ自身通算164回目のパスをインターセプトされ、パス・ディフェンスでリーグ1位の49ers守備陣の圧力に苦しんでいた。1試合で2回以上のインターセプトを喫したのは2018年11月19日のラムズ戦(3回)以来、25試合ぶり。4度のサックも浴びたがそれでも42回のパス試投で26回を通し、286ヤードを獲得して勝利に貢献した。
 
 チーフスはAFC準決勝でテキサンズを0―24から逆転(51―31)。タイタンズと対戦したAFC決勝では0―10から35―24と試合をひっくり返し、スーパーボウルでも第4Qに10点差をはねのけて逆転勝利。崖っ縁に3度も立たされながら、すべて勝利にたどりつくという“ミラクル・ロード”を突っ走って半世紀ぶりに王座へ返り咲いた。

 49ersは第2Qの9分55秒、QBジミー・ガロッポロ(28)のパスを受けたハーバード大出身のフルバック(FB)、カイル・ユースチェク(28)が15ヤードのTDをレシーブでマークして同点。そのあとは主導権を握って試合を優位に進めていた。ペイトリオッツから移籍3季目のガロッポロは今ポストシーズンの2試合で計208ヤードしかパスで記録していなかったが、この日は31回中20回のパス成功で219ヤードを獲得。しかし過去2度の優勝を飾っていた相性のいいマイアミで、リーグ屈指の守備陣が第4Qだけで21点を失って25年ぶり6度目の王座を逃してしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース