一山、失速5位も代表入りへ気合い「最後の1枠は狙っています」

[ 2020年2月3日 05:30 ]

丸亀ハーフマラソン ( 2020年2月2日 )

5位でフィニッシュした一山
Photo By スポニチ

 33人目の東京五輪代表入りを狙う女子の一山麻緒(22=ワコール)は終盤の失速が響いて1時間8分56秒の5位に終わった。「10キロまでは自己記録くらいの良いペースだったが、後半が力不足。そこを鍛えないとマラソンで戦えない」と反省した。ただ、永山忠幸監督は「2時間21分30秒を狙える練習をしている」と3月の名古屋ウィメンズに自信。今大会で厚底シューズの試走も行った一山は「最後の1枠は狙っています」と力強く語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース