スーパーボウルで故ブライアント氏を追悼 「24ヤード」地点に選手が整列

[ 2020年2月3日 08:58 ]

スーパーボウルの会場、マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムの電光掲示板に映し出された故コービー・ブライアント氏とジアナさん(AP)
Photo By AP

 NFLスーパーボウルは2日にフロリダ州マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムでキックオフとなったが、試合に先立って、1月26日にヘリコプターの墜落事故で死亡したNBA元レイカーズのスーパースター、故コービー・ブライアント氏(享年41)への追悼セレモニーが営まれた。

 大型の電光掲示板にはこの事故で死亡したブライアント氏や次女ジアナさんの写真などが映し出され、チーフスと49ersの両軍選手はブライアント氏の現役後半の背番号にちなんで自陣「24ヤード」地点に整列。試合前にはチーフスのQBパトリック・マホームズ(24)は試合前に膝をついて祈りを捧げ、多くの選手が自分のシューズにブライアント氏を追悼するメッセージなどを書き込んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース