堀江 代表活動は「白紙」 23年W杯は37歳「結構おじさんですからね」

[ 2020年2月3日 05:30 ]

ラグビートップリーグ 第4節最終日   パナソニック51―17キヤノン ( 2020年2月2日    Gスタ )

<キヤノン・パナソニック>突進する堀江(後方は稲垣)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 パナソニックのフッカー堀江翔太(34)が、今後の日本代表活動を「白紙」とした。次回の23年W杯は37歳で「僕はもう呼ばれるか分からないから考えていない。もう結構おじさんですからね」と堀江。

 15年大会後に一度は代表から退いたトンプソン・ルーク氏が、昨年から再び代表復帰し、19年W杯で活躍した例を挙げ「トンプソン方式がいいのかと思います」と冷却期間を経た4度目のW杯も視野に入れていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース