前日優勝の佐藤幸は「残念」16位も手応え 「いいジャンプすれば勝てる力がついた」

[ 2020年2月3日 05:30 ]

ノルディックスキー W杯ジャンプ男子札幌大会最終日  ( 2020年2月2日    札幌市大倉山ジャンプ競技場 )

ファンの依頼に応じて記念写真に収まる佐藤幸
Photo By スポニチ

 佐藤幸の地元2連勝はならなかった。1回目は127メートルで10位につけ、上位を狙った2回目は118・5メートルで順位を落とした。

 「1本目はいいジャンプだったが、2本目は上を狙って力が入り、ロスした。いつも通りになって少し残念」と語った。それでも前日はW杯国内開催で日本人8年ぶりの優勝を飾り「いい条件、いいジャンプをすれば勝てる力がついてきているのは収穫」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月3日のニュース