小平のライバル・李相花さんが日本出身の歌手KangNamと結婚へ

[ 2019年8月29日 20:17 ]

李相花さん
Photo By スポニチ

 昨年の平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートル銀メダリスト、李相花さん(30=韓国)が結婚することが29日、分かった。所属事務所が明らかにした。相手は東京出身で、歌手やタレントとして韓国を中心に活動するKangNam(本名・滑川康男)さん(32)。

 10月12日にソウルのホテルで結婚式を挙げる予定。聯合ニュースによると、KangNamさんは韓国人の母親と日本人の父親を持つ。2011年にヒップホップグループでデビューした。「指輪を渡してプロポーズすると、李相花さんが涙を見せた」などと語った。

 平昌五輪では、同競技で優勝した日本の小平奈緒選手が、2位に終わりむせび泣く李さんに近寄り、韓国語で「チャレッソ(よくやったね)」とねぎらい抱き合う場面が日韓両国で感動を呼んだ。李さんは今年5月に引退を表明した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月29日のニュース