新井千鶴 3連覇ならず…3回戦で敗れる波乱「何をやってるんだろうという気持ち」

[ 2019年8月29日 15:39 ]

女子70キロ級3回戦 ポルトガル選手(下)に敗れた新井千鶴
Photo By 共同

 柔道の世界選手権第5日は29日、東京・日本武道館で男女2階級を行い、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)は3回戦でポルトガル選手に敗れた。

 初戦から固さが目立った新井は、試合中盤に払い巻き込みで技ありを奪われると、そのまま優勢負けし、大会3連覇を逃した。

 女子の日本代表は初日から全階級でメダルを獲得してきたが、第5日で初めて表彰台に届かなかった。

 ▽新井千鶴の話 やってきたことを出し切れなかった自分に対し、何をやってるんだろうという気持ち。自分の甘さとしか言いようがない。もがき苦しんで、自分と向き合って闘った日々が勝ちにつながらなかった

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月29日のニュース