池田勇太 開始4時間遅れも8アンダー、64でフィニッシュ

[ 2019年8月29日 18:47 ]

国内男子ツアー RIZAP・KBCオーガスタ第1日 ( 2019年8月29日    福岡県 芥屋GC=7103ヤード、パー72 )

<KBCオーガスタ初日>笑顔でラウンドする池田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 雨のためにスタート時間が4時間遅れる中、池田勇太(33=フリー)が午前スタート組でトップの8アンダー、64でフィニッシュした。

 「最後はいい感じで終わることができた」。大会名物の「選手入場テーマ曲」に選んだテレビ時代劇「必殺仕事人のテーマ」に乗ってスタートしインは33でターン。後半アウトは6番から9番まで4連続を含む5バーディーを決めた。この大会は過去3勝を挙げており「相変わらずパッティングはいい。ここの高麗グリーンは合ってるね」。相性の良さも味方につけ、尾崎将司の持つ大会最多勝利に並ぶ4勝目を狙う。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月29日のニュース