男子は中村勇貴が4度目V 女子は川畑優菜がプレーオフ制しV ヨネックスジュニア選手権

[ 2019年8月29日 17:43 ]

男子総合優勝の中村
Photo By スポニチ

 ゴルフの第12回ヨネックスジュニア選手権大会は29日、新潟県長岡市のヨネックスCC(パー72)で3日間競技(小学生は2日間)の最終ラウンドが行われた。

 男子総合は中村勇貴(拓大紅陵高3年)が通算6アンダーで制し、男子ツアー、マイナビABCチャンピオンシップ(10月31日開幕)の主催者推薦選考会出場権を獲得した。

 中村は9年連続9回目の出場で小学5、6年時、中学3年時に続く4度目のタイトル獲得。「ヨネックスの新ドライバーを使ったらブレなくて良かった。この大会に出場するのはこれが最後。最後に良い思い出ができた」と笑顔を見せた。

 女子総合は川畑優菜(麗沢中2年)が通算6アンダーで並んだ桑村美穂(蘇我中2年)とのプレーオフを制して優勝。「プレーオフは3打目をピン2ヤードにつけられてうれしかった。ショット、パットが良くて3日間ともアンダーパーで回れた」と満足そうに話した。

 来年の女子ツアー、ヨネックス・レディースの主催者推薦選考会の出場権も手にし「もっとアプローチとショットを練習して予選を通過したい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月29日のニュース