選考ベースはPNC出場選手 右プロップ木津の評価は?

[ 2019年8月29日 05:30 ]

ラグビー日本代表31人 29日発表

 31人のベースは、7、8月のパシフィックネーションズ杯(PNC)に出場した選手になる。チャンスを与える場と見られたが、明らかにプレー時間が少なかった右プロップの木津がどのように評価されたか。

 同ポジションは、具が当確で、2番手格でヴァルが選出される見込みだ。スクラムの要職だけに、もう1人入れるとなった場合に木津が入るのか、それとも別の選手か。または、稲垣、中島がリードする左プロップに、もう1枚入れるのか。その場合は3人目を、山本、三浦が争うことになる。

 プロップは左右2枚ずつの4人にして、突破力があるWTBモエアキオラが選ばれる可能性もある。ただし、PNCには出場しなかった。フッカーは、堀江、坂手、堀越、SHは茂野、流、田中の3人構成になると見られる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月29日のニュース