柔道男子81キロ級 藤原初戦敗退 五輪へ危機感あらわ

[ 2019年8月29日 05:30 ]

柔道世界選手権第4日 ( 2019年8月28日    日本武道館 )

男子81キロ級、2回戦敗退を喫し天を仰ぐ藤原(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子81キロ級2回戦では、藤原が初戦で不覚を取った。3分すぎには相手を指導2に追い込んだが、残り9秒で接近されたところで大内刈りを食らい万事休す。「一瞬の隙を突かれた。気持ちもそうだし、全てが課題」とうなだれた。

 同級はリオ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)が復調しており、4月の選抜体重別準決勝での直接対決では敗戦。「今のままでは出場もできない」と五輪出場への危機感を口にした藤原に、男子代表の井上監督も「ミスなく戦う持ち味が出なかった」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月29日のニュース