男子RSX級で富沢6位、女子は須長が日本勢トップ9位

[ 2019年8月29日 05:30 ]

セーリングW杯江の島大会第2日 ( 2019年8月28日    神奈川県江の島ヨットハーバー沖 )

RSX男子・富沢慎(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 男子RSX級は3レースを実施して富沢慎(トヨタ自動車東日本)が6レース終了時点で6位に浮上した。

 女子RSX級は5レースを終えて須長由季(ミキハウス)が日本勢トップの9位。RSX級はこの大会を五輪代表選考レースの一つとしている。男女470級は荒天のため、レースが実施されなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月29日のニュース