ジャパン、イタタ…姫野が左足首捻挫 「復帰まで2週間」

[ 2019年8月27日 11:30 ]

<ラグビー日本代表・網走合宿>動きを確認する姫野(左)とファンデルヴァルト(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 北海道網走市で強化合宿中のラグビー日本代表が27日、練習をし、午前の実戦形式でフランカー/No・8の姫野和樹(25=トヨタ自動車)が左足首を負傷した。ラインアウトの際にひねったとみられる。練習後、患部をアイシング。ジョセフヘッドコーチ、リーチ、田中、堀江、マフィ、徳永らが心配そうに次々と歩み寄った。処置を終えると、松葉杖を付いて、車に乗り込んだ。

 チーム側が症状について「チームドクターの見解では、左足首の捻挫。復帰まで2週間程度」と発表。午後に病院で診察を受ける。

 W杯まで、あと23日のタイミングで襲われた不運。前日までと同様に、この日もハードな練習が行われた。他にも痛める選手が散見した。

 広報は「場合によっては(9月6日の)南アフリカ戦の復帰もあるかもしれない」というチームドクターやトレーナーサイドの声と思われる見解も示した。この日の練習では、強い当たりと強烈なハンドオフで、右サイドを突破する場面が2度もあった。ジャパンに不可欠な戦力であることは明確。早期の回復を願うばかりだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月27日のニュース