ラグビー日本代表 ラインアウト徹底 空中戦を新たな武器に

[ 2019年8月27日 05:30 ]

<ラグビー日本代表・網走合宿>動きを確認するリーチ(右)と福岡(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 北海道網走市で強化合宿中のラグビー日本代表が26日、ラインアウトを徹底練習した。

 2チームに分かれて約1時間半。フランカーのリーチ・マイケル主将(30=東芝)は、「コンテスト(競る)のスキルを上げようということ。空中の練習をした。ボールを捕ることも大事だけど、プレッシャーをかけることも大事」と明かした。直近3戦は分析もうまくいって相手ラインアウトを奪う場面が目立った。空中戦がジャパンの新たな武器となれば、W杯でも勝利に近づきそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月27日のニュース