大坂、フルセット勝ちで全米初戦突破 世界84位ブリンコワに大苦戦も4年連続2回戦進出

[ 2019年8月28日 03:42 ]

全米オープン女子シングルス1回戦に登場した大坂(AP Photo/Michael Owens)
Photo By AP

 テニスの4大大会、全米オープンは27日(日本時間28日)、女子シングルス1回戦が行われ、前年覇者で第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)が世界ランク84位のアンナ・ブリンコワ(ロシア)に6―4、6―7、6―2で勝利。ブリンコワの粘りに苦戦したが、4年連続の2回戦進出を決めた。

 第1セット第2ゲームでブリンコワにブレークを先に奪われた大坂だが、第7、第9ゲームでブレークに成功して形勢逆転。第1セットを6―4で先取した。

 第2セットは互いにサービスをキープする展開。5―5で迎えた第11ゲームで大坂がブレークを奪って勝負ありかと思われたが、第12ゲームでブリンコワがブレークバックしてタイブレークに突入。このタイブレークをブリンコワが制し、勝利が目前に迫っていた大坂は第2セットを落とした。

 第3セットは第4ゲームで大坂が先にブレーク。その後は落ち着いた試合運びでサービスをキープし、第8ゲームでもブレークを決めて第3セットを6―2で奪取。苦しみながらも4年連続となる2回戦進出を決めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月27日のニュース