渋野日向子 練習Rを途中キャンセル 蓄膿症の疑い 前夜から38度の高熱も

[ 2019年8月27日 09:27 ]

<ニトリレディース練習日>練習ラウンドをキャンセルしコースを後にする渋野日向子(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 29日に開幕する女子ゴルフのニトリ・レディースで2週間ぶりに復帰する渋野日向子(20=RSK山陽放送)が27日、蓄膿症の疑いにより練習ラウンドを途中でキャンセルした。

 2週前のNEC軽井沢で3位だった渋野は先週は地元・岡山で静養。26日に会場の小樽CCに入り、ハーフをラウンドしたが「4日前から(右の)歯が痛くて…。食いしばれないぶんアイアンショットも飛ばない感じ」と違和感を訴えていた。

 練習後に歯医者で治療を受けたが、歯の痛みでなく蓄膿症の疑いがあることが判明。この日も午前8時過ぎに会場入りしたが、パット練習のみに止め、札幌市内の病院に直行した。関係者は「前夜から熱が38度あって、今朝になっても38・5度だった。膿を出し切るなど処置をしなければいけないかも」と心配そうに話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月27日のニュース