光信 トップ通過!関東予選リベンジ成功に笑顔「あまり考えずに攻めた」

[ 2019年8月27日 05:30 ]

内閣総理大臣杯第50回日本社会人ゴルフ選手権関東予選リベンジマッチ ( 2019年8月26日    千葉県 カレドニアンGC )

<社会人ゴルフ・関東リベンジ>1オーバーの首位タイで関東決勝進出を決めた光信直長(撮影・米田 充利)
Photo By スポニチ

 関東予選を通過できなかった人がラストチャンスに挑み、光信直長(49)、大原俊弘(49)が1オーバー、73で並びトップ通過。上位24人が関東大会(9月11日、神奈川・箱根CC)に進出した。関東予選は終了し、大会は通過者にシード選手を加えて争われる。

 2バーディー、3ボギーの73と安定したゴルフでトップ通過の光信は「もう少し取れるチャンスはありましたが、今日は調子が良かった」と満足そう。カレドニアンはうねるフェアウエーと速いグリーンの難コースで「コースは2回目で、よく知らないので、あまり考えずに攻めたのが良かったかも」と笑う。大手広告代理店の電通勤務で、時間ができた平日に練習場、週末にコースで腕を磨く。軽井沢での予選に失敗してのリベンジ成功で、箱根では3回目の全国大会を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月27日のニュース