一二三 号泣…3連覇逃す試練の銅「兄として情けない」

[ 2019年8月27日 05:30 ]

柔道世界選手権第2日 ( 2019年8月26日    東京・日本武道館 )

<世界柔道選手権>男子66キロ級準決勝、丸山に敗れた阿部一二三(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 男子66キロ級で3連覇を逃した阿部は「悔しい。妹は優勝で自分は3位。兄として情けない」と号泣した。

 中国選手との3回戦で頭突きを食らい右目を負傷。腫れ上がり、丸山との準決勝では視界がぼやける状態だったが「これが原因で負けたわけではない」と言い訳はしなかった。4月に左脇腹、6月に左足を負傷。満足な稽古を積めない中、試合以上の心拍数でバイクをこぐなど体を地道につくってきた。五輪代表を争う丸山に3連敗となったが「神様は乗り越えられる試練しか与えない」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月27日のニュース