金髪の平野美宇、“超サイヤ人”指摘に苦笑「前の色に戻りたい」 佳純に勝利し自信

[ 2019年8月27日 09:09 ]

「超サイヤ人」になった髪色で取材に応じる平野
Photo By スポニチ

 卓球女子のチェコ・オープンで準優勝を果たした世界ランク10位の平野美宇(19=日本生命)が27日、羽田空港に帰国した。「しっかり(世界ランキング)ポイントがもらえて良かったし、次への自信になった大会だった」と振り返った。

 チェコOPでは準決勝で国際大会で未勝利だった石川佳純(26=全農)に初勝利を収めて五輪代表選考レースでも一歩リード。先に準々決勝を勝ち上がった石川の姿を見て、ランキングの事も考えてここで負けていられないと奮起したといい「日本人対決でベンチにコーチがいない中でも自分で考えて大事なところで勝てたのは大きな自信」と胸を張った。

 11日の出国時にミルクティー色に染めた髪色が欧州遠征中に色落ちして金髪に変化。試合会場では照明の関係で明るい髪色がさらに強調された。「金髪になってしまって、ネットで超サイヤ人みたいと言われた。そんな予定ではなかったので前の色に戻りたいです」と苦笑い。髪色は元通りのミルクティーに戻すが“超平野”に覚醒する手応えは確実に欧州2連戦でつかんでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年8月27日のニュース