常山、勢い続かず2回戦敗退「自信持って打てなかった」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

バドミントン ダイハツ・ヨネックスジャパン・オープン第3日 ( 2019年7月25日    東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ )

 男子シングルス2回戦は1回戦で16年リオ五輪王者を破った常山がインド選手に13―21、16―21で屈した。勢いをつなげられず「長いラリーに持ち込もうと思っていたけど、先手を打たれて押される展開になってしまった」と悔やんだ。

 1回戦とはシャトルの飛び方に違いがあったといい「力加減が全然分からず自信を持って打つことができなかった」と無念の表情。それでも「対応しないといけなかった」とレベルアップへ前を向いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月26日のニュース