サーフィン五輪テスト大会結果を公表、男子で大原優勝

[ 2019年7月26日 05:30 ]

 20日まで千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で行われたサーフィンの20年東京五輪テスト大会の結果が25日、公表され、男子は五輪代表候補の大原洋人が優勝した。五輪代表候補6人のうち3人が出場し、男子の村上舜はベスト8、女子の松田詩野はベスト16止まりだった。

 大会は本番会場で運営行程や救護態勢などの確認を目的に、初日以外を非公開で開催。4日間の予定だったが、天候不良が予想されたため短縮された。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月26日のニュース