奈紗、2オーバーも復調兆し 逆襲へ「パット決めたい」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー エビアン選手権第1日 ( 2019年7月25日    フランス エビアン・リゾートGC=6527ヤード、パー71 )

1番、ティーショットを放つ畑岡奈紗(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 今季の目標にメジャー初優勝を掲げる畑岡奈紗は2オーバーの73と伸ばしきれなかった。ショットでチャンスにつけるも、31パットとグリーン上で苦しみ「ちょっとタッチが強かった。浅めに読んで打てていたら良かったかな」と振り返った。

 試合前は「打ちたいボールが打てていない」と苦しい胸の内を明かしていたが、初日を終えて「途中から良くなった」と復調に手応えを感じた様子。「あとはパットを決めていきたい」とまずは2日目での上位浮上を狙う。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月26日のニュース