浅野、男子知的障がいで優勝 今大会でクラス分け審査

[ 2019年7月26日 05:30 ]

パラ卓球 アジア選手権 ( 2019年7月25日    台湾・台中 )

 各種目のシングルス決勝が行われ、男子(知的障がい)で浅野俊(長崎・瓊浦高)が韓国選手に3―2で競り勝ち、優勝した。

 日本知的障がい者卓球連盟によると、浅野は今大会で初めて国際大会出場に必要な障がいクラス分けの審査を受けており、資格が認められれば来年の東京パラリンピックの出場権を得られる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月26日のニュース