×

白鵬 一人横綱に、自覚の全勝「引っ張っていかないと」

[ 2019年1月19日 05:30 ]

大相撲初場所6日目   ○白鵬―正代● ( 2019年1月18日    両国国技館 )

白鵬(右)が正代を寄り切りで破り全勝を守る(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 白鵬は完勝で無敗を守った。正代の当たりを受け止め、まわしを取って寄り切った。

 前日までは薄氷を踏む戦いが続いたが、「(立ち合いは)昨日の修正で」と見直し、本来の動きを取り戻した。稀勢の里は引退し、この日は鶴竜が休場。一人横綱となり「締めないといけないということ、引っ張っていかないと」と表情を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月19日のニュース