×

改名の貴ノ富士 勝ち越し王手 再十両へ前進

[ 2019年1月19日 15:18 ]

大相撲初場所7日目 ( 2019年1月19日    両国国技館 )

 幕下の貴ノ富士が蒼国来を寄り切り、勝ち越しに王手をかけた。立ち合いで当たって下手を引くが、相手にうまく態勢を取られて半身に近い形になる。それでも「先代師匠(元貴乃花親方)に“不利な時こそこそ足腰で耐えろ”と言われていたことを思い出して取りました」と蒼国来の攻めに耐える。そこからじりじり態勢を整え、最後はうまく巻き替えて寄り立てた。

 先場所は全勝で当たった蒼国来に敗れ、幕下優勝のチャンスを逃した。相手はその後幕下優勝を飾り十両に復帰。自らは幕下3枚目にとどまった。そのリベンジを果たし、昨年春場所以来の再十両へ一歩前進した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月19日のニュース