×

アキレス腱断裂のカズンズが1年ぶりに戦列に復帰 ウォリアーズでは初出場&初先発で14得点

[ 2019年1月19日 16:42 ]

約1年ぶりに戦列に復帰したウォリアーズのカズンズ(AP)
Photo By AP

 NBAは18日に各地で7試合を行い、ペリカンズ時代の昨年1月26日に左足のアキレス腱を断裂したセンターのディマーカス・カズンズ(28)が約1年ぶりに戦列に復帰。ロサンゼルスで行われたクリッパーズ戦に先発し、15分の出場で14得点をマークした。

 ウォリアーズの一員としては初出場。いきなりワンハンドで豪快なダンクを披露すると、3点シュートも4本中3本成功させた。しかし第4Qの3分すぎに6反則目を犯して退場。復帰初戦では課題を残した。

 試合は西地区全体首位のウォリアーズが112―94(前半52―51)でクリッパーズを下して32勝14敗。ステフィン・カリー(30)が28得点をマークしてチームの7連勝に貢献した。

 クリッパーズは24勝21敗。3連勝のあとこれで5連敗となった。

 グリズリーズは敵地ボストンでセルティクスに116―122(前半62―58)で敗れて19勝26敗。マイク・コンリー(31)が26得点を挙げたものの4連敗を喫した。ここ11戦では10敗目。渡辺雄太(24)の出番はなかった。

 勝ったセルティクスは28勝18敗。カイリー・アービング(26)が38得点と11アシストを稼ぎ、ホームでは8連勝を飾った。

 <その他の結果>

ネッツ(24勝23敗)117―115*マジック(19勝26敗)

*ピストンズ(20勝24敗)98―93ヒート(21勝22敗)

スパーズ(27勝20敗)116―113*ティンバーウルブス(21勝24敗)

*トレイルブレイザーズ(28勝19敗)128―112ペリカンズ(21勝25敗)

*ジャズ(26勝21敗)115―99キャバリアーズ(19勝37敗)

 *はホームチーム

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月19日のニュース