×

渡部暁は4位、レーアルV W杯複合個人第11戦

[ 2019年1月19日 13:05 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は18日、フランスのショヌーブで3日間、3試合の総合成績で争う「トリプル」第1戦を兼ねた個人第11戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は4位だった。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS118メートル)は112メートルを飛び、131・2点の5位。首位と34秒差でスタートした後半距離(5キロ)で表彰台争いを演じたが、3位と0秒5差でゴールした。

 フランツヨゼフ・レーアル(オーストリア)がW杯初優勝。渡部善斗(北野建設)は6位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は11位、山元豪(ダイチ)は12位、山本涼太(早大)は30位、清水亜久里(ユーグレナ)は41位だった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月19日のニュース