×

藤本佳則、8アンダーで首位 石川遼は1打差の2位

[ 2019年1月19日 14:19 ]

 男子ゴルフのSMBCシンガポール・オープン第3日は19日、シンガポールのセントーサGC(7403ヤード、パー71)で、前日から順延された第2ラウンドの残りが行われ、67と伸ばした藤本佳則が通算8アンダー、134で首位に立った。66の好スコアをマークした石川遼、ポール・ケーシー(英国)ら4人が1打差の2位。

 ともにツアー未勝利の佐藤大平、和田章太郎ら5人が通算6アンダーで6位、連覇を狙うセルヒオ・ガルシア(スペイン)は5アンダーの11位につけた。1アンダーまでの72人が決勝ラウンドに進んだ。引き続いて第3ラウンドを実施。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月19日のニュース