×

7戦全勝は白鵬1人、1敗で阿武咲ら4人 北勝富士は20年ぶり2日連続不戦勝

[ 2019年1月19日 18:09 ]

<初場所7日目>御嶽海が休場し北勝富士の不戦勝(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 大相撲初場所7日目は19日、東京・両国国技館で行われ、1人横綱となった白鵬は松鳳山と対戦、はたき込みで破り初日から7戦全勝とした。8日目は碧山戦。

 大関陣では高安が琴奨菊を突き落としで下し4勝3敗と白星が先行した。4連敗後2連勝の豪栄道は正代を寄り切りで下した。

 先場所優勝の貴景勝は巨漢・逸ノ城と対戦、押し出しで下し5勝2敗とした。6日目まで全勝だった阿武咲は魁聖に突き出しで敗れた。

 初日から5連勝と快進撃を見せていた小結・御嶽海は6日目の取り組みで左膝を痛め「左大腿四頭筋腱部分損傷」のため、この日から休場。北勝富士は2日連続不戦勝という20年ぶりの珍記録をマークした。6日目は鶴竜、7日目は御嶽海戦が組まれていた。

 7戦全勝は白鵬1人。1敗で千代の国、矢後、阿武咲、魁聖が続く。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月19日のニュース