×

大関獲りを目指す貴景勝が好調逸ノ城に快勝 八角理事長は「力をつけている証拠」

[ 2019年1月19日 19:41 ]

大相撲初場所7日目 ( 2019年1月19日    両国国技館 )

<初場所7日目>逸ノ城(右)を押し出しで破った貴景勝(撮影・郡司 修) 
Photo By スポニチ

 大関獲りを目指す貴景勝が、今場所好調な逸ノ城を押し出し2敗をキープした。立ち合いで低く当たって、相手の巨体を力で土俵の外まで持っていった。

 役員室で見守った八角理事長(元横綱・北勝海)は「逸ノ城とこういう相撲を取れるということは、力をつけている証拠。大きい相手も押せる。だから優勝もできる。押せる自信があるから押せる。押せるから押し出してやろうと思う。力をつけている証拠」と同じ言葉を繰り返し、評価していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月19日のニュース