ベテラン対決!35歳の豊ノ島 3年4カ月ぶりの対戦で40歳・安美錦破る

[ 2019年1月19日 16:20 ]

大相撲初場所7日目 ( 2019年1月19日    両国国技館 )

 十両のベテラン対決は、西5枚目の35歳、豊ノ島(時津風部屋)が東3枚目の関取最年長40歳、安美錦(伊勢ケ浜部屋)を破った。立ち合いで安美錦が右に跳んで上手を取ったが、豊ノ島は差し手を返して出て寄り切った。

 ともにアキレス腱断裂で長期休場を強いられたため、幕内だった15年秋場所以来、3年4カ月ぶりの対戦。豊ノ島は先に故障から復帰していた安美錦を見て「自分と比較していた」というが「安美関に“俺と一緒にするな。おまえとは違うんだから”と言われた。優しさで突き放してくれた」と途中からは「自分は自分」と意識しないようになったという。

 自分の相撲に集中して、先場所、豊ノ島は約2年ぶりの十両復帰を果たし、安美錦と闘える地位まで戻ってきた。久しぶりに肌を合わせ「次は幕内で対戦できるようにしたい」と新たな目標ができた。安美錦は「やれるのを楽しみにしていたから、もっと相撲を取りたかった」と早い決着を悔やんでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月19日のニュース