PR:

ロシア勢2人が世界最高の戦い ザギトワ「私が世界記録?」メドベージェワ「満足だがベストではない」

平昌五輪フィギュアスケート女子SP ( 2018年2月21日    江陵アイスアリーナ )

世界歴代最高を更新する82・92点をマークし、笑顔のザギトワ(AP)
Photo By AP

 平昌五輪のフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)は21日、韓国・江陵アイスアリーナで行われ、個人資格のロシア選手、アリーナ・ザギトワ(15)が圧巻の演技を披露し、世界歴代最高を更新する82・92点で首位発進。世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(18=OAR)も自らの世界最高を塗り替える81・61点を記録したが、約20分後に演技した後輩にかわされて2位につけた。

 今季途中で右足の骨にひびが入っていることが判明したメドベージェワだったが、初の五輪の舞台で貫禄の演技を披露。ショパン「ノクターン」に乗ってミスのないジャンプと豊かな表現力で観客を魅了し、11日の団体・女子SPでマークした81・06点を上回る高得点をマークした。

 その3人後に演技したザギトワは高難度の3回転ルッツ―3回転ループを決め、スピン、ステップは全てレベル4を獲得。技術点でメドベージェワを上回る完璧な演技に、満面の笑みでガッツポーズを見せた。

 AP通信によると、メドベージェワは自身の演技について「満足しているが、ベストではなかった」と振り返り、同門のザギトワの快挙については「彼女はよくやった。できる限りのことは全部やったと思う」と称賛。ザギトワはロシアメディアの取材に、「私が世界記録を出したの?!それは知らなかった。そんな結果が出て良かった。自分の滑ったプログラムが世界一難しいから、それを完璧を滑ると高い点数が付くだけ」と話した。

[ 2018年2月21日 15:53 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月23日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画