PR:

女子団体追い抜き 日本は五輪新で金 高木美は日本女子初の金銀銅獲得

平昌五輪スピードスケート女子団体追い抜き決勝   日本―オランダ ( 2018年2月21日    江陵オーバル )

女子団体追い抜きで金まダルを獲得し、日の丸の旗を振る日本チーム(左から)佐藤、菊池、高木菜、高木美(AP)
Photo By AP

 平昌五輪は21日、スピードスケートの女子団体追い抜き決勝が行われ、日本は五輪新記録の2分53秒89でオランダを下し、同種目初の金メダルを獲得した。高木美帆(23=日体大助手)は1500メートル銀、1000メートル銅と合わせ冬、夏季五輪を通じて日本女子選手史上初となる同一大会での金、銀、銅メダル獲得の偉業となった。

 準決勝でカナダを下した日本は決勝に高木美、高木菜那(25=日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(21=高崎健康福祉大)の3人が出場。最大のライバルで前回覇者・オランダとの大一番を1秒58差で制した。今季、全て世界新記録のW杯3戦3勝の実力を、五輪の舞台でも存分に発揮してのフィニッシュになった。

 中でも高木美は冬、夏季五輪を通じて日本女子選手史上初となる同一大会での金、銀、銅メダル獲得(男子は夏季で過去10例)の快挙を達成。また、日本勢は今大会11個目(金3、銀5、銅3)のメダル獲得となり、98年長野五輪の10個(金5、銀1、銅4)を超える冬季五輪史上最多記録を20年ぶりに更新した。

 【日本選手の五輪1大会での金・銀・銅獲得】

 夏季では過去10例。初の達成者は1956年のメルボルン大会の体操で金1、銀3、銅1個を獲得した小野喬。68年のメキシコシティー大会では中山彰規が金メダル4個を含む計6個を獲得して達成した。その後も体操での達成者が出たが、16年リオデジャネイロ五輪では競泳の萩野公介(金1銀1銅1)が体操以外で初めて達成している。冬季および女子の達成者は出ていない。

[ 2018年2月21日 22:02 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月22日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画