PR:

ザギトワ ドーピング検査で練習中断…OAR関係者「練習が破綻」

平昌冬季五輪 フィギュアスケート女子SP ( 2018年2月21日 )

公式練習で調整するアリーナ・ザギトワ
Photo By 共同

 国営ロシア通信はOARとして出場しているフィギュアスケート女子の金メダル候補、アリーナ・ザギトワが、ドーピング検査により「練習を5分で中断させられた」と報じた。

 15歳のザギトワは19日の練習前に、世界反ドーピング機関(WADA)の検査官に血液を採取され、尿検査も求められた。不慣れな状況から提出できず、そのまま練習を始めたところ、検査官が再度、尿の提出を要求したため、リンクを離れざるを得なかったという。OAR関係者は「練習が破綻した」と主張した。

[ 2018年2月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:05月25日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画