ホーネッツのジョーダン・オーナーがチョウGMを電撃解雇

[ 2018年2月21日 14:35 ]

解雇されたホーネッツのチョウGM(AP)
Photo By AP

 NBAホーネッツのマイケル・ジョーダン・オーナー(55)が20日、リッチ・チョウGM(52)を電撃解雇。チョウ氏は2011年にGMに抜擢されたが、ホーネッツは今季24勝33敗で東地区全体の10位と低迷しており、人事刷新で新たな方向性を模索する道を選択した。

 ジョーダン・オーナーは「リッチ(チョウ)は我々の組織のために献身的に働いてくれた。ファンとシャーロット市(地元)のために勝てるチームなることを約束するし、後任人事は迅速に行う」とコメント。新GMにはジョーダン・オーナーと北カロライナ大時代のチームメートで、ホーネッツのGM補佐を務めていたバズ・ピーターソン(54)か、元レイカーズのGMだったミッチ・カプチャク氏(63)の名前が挙がっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2018年2月21日のニュース