春日野部屋傷害事件 残った味覚障がいを医療機関で再検査へ

[ 2018年2月21日 05:30 ]

 大相撲・春日野部屋の傷害事件で暴行を受けた元力士、矢作嵐さん(22)が、春日野親方(元関脇・栃乃和歌)と兄弟子だった加害者の元力士(24)に3000万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が20日、東京地裁(鈴木正弘裁判長)で開かれた。

 原告側は暴行の結果負ったとしている味覚障がいについて、改めて医療機関で検査する意向を明らかにした。訴状によると、矢作さんは14年9月、兄弟子に顔を殴られ、顎の骨を折る全治1年6カ月の重傷を負った。

 春日野親方から「冷やしておけば治る」などと言われ、適切な治療を受けられなかったと主張している。親方側はこれまで、別の力士を通じて通院を指示したと反論している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月21日のニュース