ソチ金メダル選手敗退にベラルーシ大統領が抗議「不当な採点」

[ 2018年2月21日 05:30 ]

 ベラルーシのルカシェンコ大統領は20日までに、平昌五輪のフリースタイルスキー男子エアリアルで、自国代表の14年ソチ冬季五輪金メダルのアントン・クシニルが決勝に進出できなかった採点に激怒し、外務省職員らを通じ、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に抗議の電報を送らせたと明らかにした。

 タス通信によると、ルカシェンコ氏はスイス人、ロシア人、中国人の審判が自国選手に有利になるように、クシニルに不当な採点をしたと主張。抗議に在韓国大使館も動員した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月21日のニュース