PR:

金銀銅の高木美帆「このチームで勝ちたかった」姉の菜那「円陣で一つに」

平昌五輪スピードスケート女子団体追い抜き決勝   日本―オランダ ( 2018年2月21日    江陵オーバル )

表彰台で喜びを爆発させる(右から)高木菜那、高木美帆、佐藤綾乃、菊池彩花
Photo By スポニチ

 晴れやかな表情が印象的だった。スピードスケートの女子団体追い抜きで同種目初の金メダルを獲得した日本は、チームの全員でつかんだ勝利を強調し、優勝をかみ締めた。

 決勝ではリードを奪われる場面もあったが、五輪新記録の2分53秒89をマークし、1秒58差でオランダを下した。1500メートル銀、1000メートル銅と合わせ冬、夏季五輪を通じて日本女子選手史上初となる同一大会での金、銀、銅メダル獲得の偉業となった高木美帆(23=日体大助手)は「この優勝はチーム全員の力がないと成し遂げられなかった。感無量です。(出場した)3種目を獲りたいというのは自分の中ではなくて、このチームで勝ちたかった」と声を弾ませた。

 高木美の姉の高木菜那(25=日本電産サンキョー)は「ヨハンコーチが決勝の前に円陣で金メダルを獲りたいけど、楽しんで滑ってこいと言ってくれて、円陣で一つになれて金メダルが獲れた。妹と一緒にメダルが獲れたことはうれしい」と感謝。涙目の佐藤綾乃(21=高崎健康福祉大)は「今までに感じたことの緊張を味わった。恐怖と不安が大きく最後の一周で転びそうだったが、先輩たちと一緒に頑張ってこれた。感謝の気持ちでいっぱい」とかみしめた。準決勝のカナダ戦に出場した菊池彩花(30=富士急)も「自分にとって最後のオリンピックが人生最高の大会になった」と喜びをかみ締めた。

[ 2018年2月21日 22:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月19日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画