葛西 日本勢トップ6位で本戦へ 作山&小林も予選通過

[ 2017年1月29日 05:30 ]

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子は29日に実施される個人第15戦(ヒルサイズ=HS145メートル)の予選が行われ、44歳の葛西紀明(土屋ホーム)が136メートルの122・5点で6位となり、日本勢トップで本戦に進んだ。

 作山憲斗(北野建設)は23位、小林陵侑(土屋ホーム)も29位で通過した。小林潤志郎(雪印メグミルク)は42位で予選落ちし、竹内択(北野建設)はジャンプスーツの規定違反で失格となった。28日は団体第3戦が行われる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月29日のニュース