メドベージェワV2 ヨナ超え7年ぶり最高点 復帰コストナーは3位

[ 2017年1月29日 05:30 ]

フリーの演技を終え、キスアンドクライで笑顔を見せるロシアのエフゲニア・メドベージェワ
Photo By 共同

 フィギュアスケートの欧州選手権で女子は17歳の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が2010年バンクーバー冬季五輪で金妍児(韓国)がマークした世界歴代最高得点を7年ぶりに塗り替える合計229・71点で2連覇した。ショートプログラム(SP)に続いて1位のフリーは、自らの世界歴代最高を更新する150・79点だった。

 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)が2位、資格停止処分を経て3季ぶりに主要大会に復帰したカロリナ・コストナー(イタリア)が3位に入った。男子SPは世界選手権2連覇中のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が自己ベストの104・25点で首位に立った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月29日のニュース