41歳ママさんランナー小崎 39度高熱も出場へ強い決意

[ 2017年1月29日 05:30 ]

大阪国際女子マラソン ( 2017年1月29日    ヤンマースタジアム長居発着 )

 41歳の“ママさんランナー”小崎まり(ノーリツ)は25日の午前練習で右ふくらはぎを負傷し、その夜には39度の高熱が出た。「悪夢の水曜日でした」と嘆きつつ、それでも「決めたレースは出ることが競技者の務め」とスタートに立つことを誓った。

 昨春のパリマラソンでは6位に入り、40歳日本最高の2時間32分46秒を記録。「子育てなど当たり前のことをやりながら、どれだけの走りができるか挑戦したい」と強い決意を語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月29日のニュース