ウッズ“初”の予選落ち 「仕方ない」も実戦の必要性痛感

[ 2017年1月29日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ファーマーズ・インシュアランス・オープン第2日 ( 2017年1月27日    米カリフォルニア州ラホヤ トーリーパインズGC北コース=7258ヤード・同南コース=7698ヤード、いずれもパー72 )

タイガー・ウッズ(AP)
Photo By AP

 ウッズは2バーディー、2ボギーで伸ばせず、過去7度優勝の得意な大会で初めての予選落ちとなった。「久しぶりの試合だから仕方ない。初日よりずっといいプレーだった」と納得の表情だった。

 第2ラウンドも多くのギャラリーを引き連れてプレーし、最初の10番でバーディー。しかし次のバーディーは後半の5番まで奪えず「2つは少なすぎた」と悔しがった。「もっと実戦でプレーすることが今の僕には必要」と次週は欧州ツアーのドバイ・デザート・クラシック(2月2日開幕)に出場する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月29日のニュース