伊東18位、葛西24位…W杯ジャンプ男子個人第2戦

[ 2016年11月28日 05:30 ]

ノルディックスキーW杯ジャンプ男子個人第2戦 ( 2016年11月26日    フィンランド・ルカ )

W杯ジャンプ男子個人第2戦で24位に終わった葛西紀明
Photo By 共同

 日本勢は伊東大貴(雪印メグミルク)が123・5メートル、127・5メートルの合計236・0点で18位となったのが最高だった。44歳の葛西紀明(土屋ホーム)は120・5メートル、117メートルの210・3点で24位、作山憲斗(北野建設)は25位だった。

 セベリン・フロイント(ドイツ)が290・6点で今季初勝利を挙げ、通算22勝とした。上位30人による2回目に進めなかった小林陵侑(土屋ホーム)は36位。竹内択(北野建設)はスーツの規定違反で1回目を飛んだ後に失格となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月28日のニュース