朝赤龍、幕下陥落の危機…来場所は高砂部屋関取ゼロの可能性

[ 2016年11月28日 09:00 ]

大相撲九州場所千秋楽 ( 2016年11月27日    福岡国際センター )

 高砂部屋唯一の関取、西十両9枚目の朝赤龍が希善龍に敗れて4勝11敗となり幕下陥落の危機に直面した。同部屋は1878年(明11)の創設から138年、関取が途絶えていない。これは現存する部屋の中では最長記録だが、この伝統が途切れる可能性が濃厚となった。

 失意の関取は「先輩たちに申し訳ない」と肩を落とし、今後については「親方といろいろ相談したい」と話した。師匠の高砂親方(元大関・朝潮)は「受け止めるしかない。朝赤龍は悪くない」と35歳のベテランをかばった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月28日のニュース