元バレー女子代表監督 真鍋氏が姫路市のクラブチームGMに就任

[ 2016年11月28日 05:30 ]

 バレーボール女子の日本代表監督として2012年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した真鍋政義氏(53)が、出身地である兵庫県姫路市のクラブチームでゼネラルマネジャー(GM)に就任することが27日、分かった。28日の記者会見で発表される予定。

 姫路は今年設立され、元女子代表セッターの竹下佳江監督(38)が率いる。プロ契約の選手と指導者で構成され、日本バレーボールリーグ機構が18年秋からの開幕を計画しているスーパーリーグへの参加を目指している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月28日のニュース