初の技能賞の玉鷲 遠藤を圧倒、2桁勝利「気持ち良かった」

[ 2016年11月28日 05:30 ]

大相撲九州場所千秋楽 ( 2016年11月27日    福岡国際センター )

(左から)敢闘賞を受賞した正代、石浦、技能賞を受賞した玉鷲
Photo By スポニチ

 初の技能賞となった玉鷲は遠藤を立ち合いからの突き押しで圧倒し2桁勝利を挙げた。「気持ち良かった。いい相撲だった」と笑みがこぼれる。秋場所は西前頭6枚目で10勝、今場所は小結で10勝を挙げ、来場所は大関への足掛かりとなる。「大関とか考えてない。楽しくいい相撲を取ることだけ」と無欲を強調。

 一方の遠藤は勝ち越せば殊勲賞だったが、玉鷲に突き倒されて負け越し、受賞はならなかった。1横綱3大関を倒して前半戦を盛り上げたが、後半戦に失速。支度部屋では目を閉じて無言だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月28日のニュース