賞金シード75選手決定 時松、大堀、香妻ら12人が初シード

[ 2016年11月28日 08:45 ]

男子ゴルフツアー カシオ・ワールドオープン最終日 ( 2016年11月27日    高知県安芸郡 Kochi黒潮カントリークラブ=7315ヤード、パー72 )

 最終戦は優勝者など出場者が限られるため、今大会で賞金シード75選手が決まった。今季初勝利を挙げた時松のほか大堀や香妻ら若手を中心に12人が初の賞金シードを獲得。

 出場義務試合数不足で対象外の松山らを除き、来季ほぼフル参戦できる“本シード”は63位まで。64位から82位の平塚までが前半戦の出場権がある“準シード”となった。ツアー8勝で14年連続賞金シードを保持していたS・K・ホや深堀、横田らは陥落した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月28日のニュース